最近作った靴

2018.04.17 Tuesday

0

    専門コースの紹介ばかりで靴の紹介をしていませんでした。

     

    最近作った靴の一部ですが抜粋して紹介します。

     

     

     

     

    カマリエレのヒールverも少しずつですが注文が増えてきました。

     

    ヒールのあるサボを探している方は思った以上に多いようです。

     

    数日前に理学療法士の方と、ヒールにおけるインソールの考え方について話し合いました。

     

    そこで出てきたことを試したいので、実施後問題なければヒールverの中底は少し変わると思います。

     

     

     

     

     

    茶色の外羽根を作りました。

     

    まる歩定番の形ですね。

     

    白い出し縫いに合わせて白の紐。

     

    靴底は厚めの革底にしてみました。

     

    持ってみると少し重たいですが、履いてみるとそうは感じない。

     

    足に合っている証拠を得られほっとしました。

     

     

     

     

     

    こちらもデザインは同じ。

     

    先ほどの靴は革底に透明なロウを縫っていますが、こちらはこげ茶のロウで仕上げました。

     

    革の色合いを考慮してあれこれしております。

     

     

     

     

     

    こちらも同じデザインですが、ビジネス用でも使えるようトウスタイルも若干変更してます。

     

    イタリアのタンニン鞣しの革を使い、ステッチと靴底も黒色でまとめています。

     

    同じデザインでも雰囲気の違う3つを紹介しました。

     

     

     

     

     

    黒の内羽根を作りました。

     

    チップ部分のみ穴飾りを施しています。

     

    控え目な主張、大好きです。

     

    控え目な男なんで笑

     

    革は国産のタンニン鞣しのキップ。

     

    子牛の革はキメが細かく上品に仕上がりますね。

     

    こちらの方はこれで2足目。

     

    3足目のご注文も頂きました。

     

    ありがとうございます。

     

     

     

     

     

    カマリの後ろに隠れてますが、

     

    ムナカタシューズも数足作成しました。

     

    先日工房を訪ねてきた友人に、

     

    「どこら辺に宗像らしさがあるんだ」と一番突かれたくない部分を突かれました。

     

    宗像市で作っているから、ということで一つお願いします。

     

     

     

     

     

    こちらもどこにも宗像らしさがないムナカタサンダルでございます。

     

    昨年、かなりの足数を作らせてもらってその感想を踏まえ、型紙を若干修正しています。

     

    今年はよりいい具合になるのではと思っています。

     

    写真では分からないですが、甲から土踏まずまでしっかり革が覆っています。

     

     

    ムナカタシューズ、サンダル、カマリはcreemaでも販売してますので

    気になる方は一度ご覧ください。

    3/4

    2018.03.04 Sunday

    0

      久しぶりに注文靴のことを。

       

      パンプスを作成しています。

       

      お客様が靴を持ち込み、これと似たような感じで、とオーダーを頂きました。

       

      足に合わせて作るので、お持ちになった靴と全く一緒にならないですが、

      ある程度まで寄せれる場合もあります。

       

      まる歩ではラストを修正する際に何種類かの材料を使い分けています。

       

       

       

       

       

       

      パンプスはロウを使います。

       

      ロウは成型に優れ、細かい形を作るのにも適しており、尚且つ作業時間が速く済みます。

       

      デメリットは変形しやすいということ。

       

      靴作りはハンマーで叩いて形を馴染ませる作業がありますが、その作業は慎重になります。

       

      他にもパテ、革、ウレタンコルク。

       

      それぞれメリット、デメリットがあるのでどういう靴を作るかで材料を決めています。

      2/11

      2018.02.11 Sunday

      0

         

         

        黒の靴紐でもいいですが、赤のリボンもよく似合います。

         

        ちょっとしたことで雰囲気が変わるのが靴の面白いところだったりします。

         

        今月から工房の靴紐が平紐に変わりました。

         

        細めの平紐は少し上品な気がします。

         

         

         

        2/7

        2018.02.08 Thursday

        0

           

           

           

           

          個性的な靴を作りました。

           

          とてもおしゃれなお洋服を作っている方からのご注文でした。

           

          ムナシューのことをとても気に入ってもらっていたのですが、

          ご本人の作るお洋服はそれこそ正に個性的。

           

          シンプルなムナシューではお洋服に合わないかな、ということで

          個性的に仕上げましょうとご提案させてもらいました。

           

          そうは言ったもののどう個性を生み出すか。

           

          ペンキを飛ばすか、カラフルにたくさんの革や布を使うか。

           

          結構悩みました。

           

          元々、ムナシューは革と布で作るシンプルなスニーカー。

           

          この範疇を超えてはムナシューを作る意味はないかな、と考え

          今回は革で個性を作ることにしました。

           

          ちょうどお腹部分の革があったので、

          その部分の不規則な曲線を使い2足と同じものが作れない様に仕上げました。

           

          お腹の革が残ってないと作れないので基本的には今後オーダーではお受けできないですが、

          ムナシューに限らず細かい部分でリクエストがあればお申し付けください。

           

          出来ることはやります。

           

          楽しいので。

           

           

           

           

           

           

           

           

          打って変わって、シンプルな黒の内羽根を作りました。

           

          大学生からのご注文です。

           

          春から新社会人ということでお仕事用にとご注文頂きました。

           

          今回はゴム底で仕上げています。

           

          Vの開きもいい具合におさまりました。

           

          履いて中底が沈むと綺麗に閉じるかと思います。

           

          彼は靴磨きを得意とされているので今回は仕上げをせずお渡ししています。

           

          きっとピカピカに磨き上げてくれるでしょう。

           

           

          オーダーはこの後、スリッポン。ヒール。ブーツetcと続きます。

           

          注文靴作っているので当たり前ですが多種多様な靴を作れるのは楽しいですね。

           

           

           

           

          1/25

          2018.01.25 Thursday

          0

             

            これも昨年作った靴です。

             

            シンプルな外羽根靴。

             

            革は栃木レザーを使っています。

             

            男性からのご注文でしたが、試し履きの感想では少しキツイかもとのことでした。

             

            ただ触ってみるとジャストフィットしているわけではない。

             

            男性は普段靴をゆるめに履くことが多いので、上記のようなことはたまにあります。

             

            説明して納得してもらい、よりタイトに作り完成させました。

             

            履いてもらった感想は上々。

             

            ピタリと合った靴は気持ちのいいものです。

             

            リピートでもう1足ご注文頂いていて、

            それは内羽根。

             

            外羽根と内羽根では羽根の開き方が違うので、

            脱ぎ履きのことを考えてラストに微調整を加えて作っていきます。

             

             

            ※お知らせ

            1月末まで工房の出入りが多くなります。

            お越しの際はご連絡ください。

            1/18

            2018.01.18 Thursday

            0

               

               

              外反母趾の方の靴が続きます。

               

              外反母趾になる原因はいくつかあると言われています。

               

              遺伝でもなりますし、リュウマチとの合併でなることもあります。

               

              全ての人に当てはまるわけではないですが、

              外反母趾の方は足首が柔らかく足が内側に倒れるすぎる傾向にあり、

              もちろんそのをケアして靴を作ることになります。

               

              例えば、かかとにカップ状のインソールを入れたり、

              カウンターの内側を長めに作ったり。

               

              ただ、内側に倒れる動き自体は必要な動きなので、

              過度に倒れるのを防ぐ程度での加減が重要です。

               

              先日、整骨院の先生とお話しする機会があり、

              外反母趾へのアプローチについてお聞きしたのですが、

              私とはまた違ったものでありとても参考になりました。

               

              職種によってどうアプローチをかけるのか。

               

              その違いはとても面白いものでした。

              最近作った靴

              2018.01.13 Saturday

              0

                 

                 

                年末に納品した靴の紹介です。

                 

                ワンストラップの靴を作製しました。

                 

                こちらの方からは2足目のご注文になります。

                 

                1足目はワンピースでしたが、革がオイルレザーにゴム底だったので少し重たい靴でした。

                 

                今回はワンストラップ。

                 

                甲を抑える面積もワンピースより小さいのでより軽く作ることを心掛けました。

                 

                靴底にはビルケンシュトックのものを使っています。

                 

                スポンジなので削れやすいですが、かなり軽く仕上がることが出来ました。

                 

                ラストもワンピースとワンストラップでは同じまま使えないので、

                ワンストラップ用に修正しています。

                 

                履き心地も問題なく喜んでもらえました。

                 

                最近作った靴

                2017.08.01 Tuesday

                0

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  7月はサボとサンダルばかり作っていた気がします。

                   

                  沢山のご注文ありがとうございます。

                   

                  来年は革のサンダルメインでいこうかなと思います。

                   

                   

                   

                   

                   

                  Garland

                   

                  黒のシンプルなスリッポン

                   

                   

                   

                   

                   

                  Coltrane

                   

                  こちらもシンプルなスリッポン

                   

                  白をご注文下さった方はこれで3足目。

                   

                  黒の方は2足目。

                   

                  リピートは嬉しいですね。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  Munakata shoes と Munakata sandal

                   

                  親子でご注文頂きました。

                   

                   

                   

                   

                   

                  garner

                   

                  この方は外反母趾で指が重なっているのでつま先の上をコロリと丸くしています。

                   

                  こちらもこれで3足目かな。

                   

                  気に入ってもらえて嬉しいですね。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  babs

                   

                   

                   

                   

                   

                  bryant

                   

                  web販売限定のハンドメイドシューズ、babsとbryant

                   

                  今までパターンオーダーで積み上げたものを形にしました。

                   

                  足の計測はないですが、色々と足に合わせる工夫が出来ていると思います。

                   

                  詳しくはcreemaにてご確認ください。

                   

                   

                   

                   

                  最近作った靴

                  2017.06.30 Friday

                  0

                     

                     

                     

                    petersonをビジネス用に使いたいとのご依頼でした。

                     

                    今回はトゥスタイルをスクエアにしてシュッとした印象に仕上げました。

                     

                    包み込まれているようと感想を頂けてホッとしました。

                     

                     

                     

                     

                    上とはうって変わってカジュアルに仕立てたpetersonです。

                     

                    3色使いはポップになりますね。

                     

                     

                     

                     

                     

                    登山靴のイメージで、というご依頼でした。

                     

                    petersonのつま先部分を膨らましてボリューム感を出しました。

                     

                    ハトメとカシメもいいアクセントになったと思います。

                     

                     

                     

                     

                     

                    ご夫婦でご注文頂きました。

                     

                    今回はステッチを白にしています。

                     

                    旦那さんは革底、奥さんはゴム底仕上げです。

                     

                     

                     

                     

                     

                    シンプルなpetersonです。

                     

                    女性からのご注文でオジ靴っぽくとのことでした。

                     

                    革底を一度こげ茶に染めて、その後やすりでムラが出るように落としてから仕上げをしました。

                     

                    古めかしさを意識して作りました。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ご年配の方からのご注文でした。

                     

                    スッと履ける靴が希望とのことでしたのでシンプルなスリッポンを作りました。

                     

                    モカステッチは手縫いですることが多いのですが、今回は0番手の太いミシン糸で縫ってみました。

                     

                    靴底はウレタン底にしているのでかなり軽く仕上がっています。

                     

                    後日、履いて工房にお越しくださいました。

                     

                    履きやすいとのことで一安心しました。

                     

                     

                     

                     

                     

                    4.5cmヒールの内羽根、メリル。

                     

                    黒の革に、こげ茶に染めた革底。

                     

                    個人的に大好きな組み合わせでのご注文でした。

                     

                     

                     

                     

                     

                    こちらは外羽根のゼタールンド。

                     

                    この方からはこれで3足目ですね。

                     

                    初のヒール靴です。

                     

                    いつもありがとうございます。

                     

                     

                     

                     

                    こちらの方も3足目。

                     

                    Vカットのスリッポンのガーランド。

                     

                    今回は革底仕様にしています。

                     

                    もともとガーランドはスーツに合うスリッポンというテーマなのですが、

                    よりテーマに近づいたかと思います。

                     

                     

                     

                     

                     

                    ムナカタシューズの茶色です。

                     

                    今回の茶色の革の質感でいつもよりもクラシカルな雰囲気になった1足です。

                     

                    シンプルなスニーカーですが、この雰囲気はなかなかないかも。

                     

                     

                     

                     

                     

                    季節外れになってしまいましたが、ブーツです。

                     

                    濃紺と黒のコンビですが、履いている内に濃紺がオリーブ色に変化していきます。

                     

                    経年変化を楽しめる1足になりました。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    春からサボ,cammariereの注文が多くていつもサボを作っている気がします笑

                     

                    ベルトの色を変えることも出来ます。

                     

                    私も年中履いているお気に入りのサボです。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ムナカタサンダル。

                     

                    革での注文も多いです。

                     

                    革だと帆布に比べて少し重たくなりますが、やはりいい雰囲気醸し出しますね。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    集合写真。

                     

                    1足で写真撮るよりも写真映えしますね。

                    4月に作った靴とスケジュール

                    2017.05.01 Monday

                    0

                      激動の4月が終わりました。。。

                       

                      忙しかったです。

                       

                      3月に更新癖をつけたブログも再び放置でした。

                       

                      いけないですね。

                       

                      全てではないですが4月に作った靴を紹介します。

                       

                       

                       

                       

                      パターンオーダーの内羽根、メリル。

                       

                      今回は黒のイタリアンレザーに靴底は革底をナチュラル仕上げ。

                       

                      ヒールの高さは4cmです。

                       

                      この組み合わせは個人的にとても好きで、リボン紐にしても合うんやないかと思っています。

                       

                       

                       

                       

                       

                      パターンオーダーの外羽根、ゼタールンド。

                       

                      ストレートチップに親子穴を施しています。

                       

                      親子穴を入れるか入れないかでも雰囲気が変わります。

                       

                      こげ茶の革に親子穴は好きですね。

                       

                      こちらの方はリピートで今回が2足目です。

                       

                       

                       

                       

                      こちらはコルトレーン。

                       

                      シンプルなスリッポンです。

                       

                      革底をムラが出るように白く染めています。

                       

                      履いている内に紺の革がオリーブ色に変わり、靴底の白も剥げてきて、

                      それは違った印象になります。

                       

                      経年変化を楽しんでも欲しい1足です。

                       

                      こちらの方はこれで3足目かな。

                       

                       

                       

                       

                      パターンオーダー、いまだに名前のない靴です。

                       

                      もともとはゼターをショートブーツにしてほしいという依頼で作ったのですが、

                      それを見た方からのご注文です。

                       

                      足が大きいこと、足裏のクッション性が欲しいのとご要望だったので、

                      今回は1センチのストームを付けています。

                       

                      ヒールの高さは5.5cm。

                       

                      ここまでいくとパターンオーダーかどうか謎ではありますが、

                      作っていてとても楽しかったです。

                       

                       

                       

                       

                      まる歩のパターンで一番人気はやはりピーターソンです。

                       

                      結婚式で履きたいのことでご注文下さいました。

                       

                      誰かの特別な日の足元を飾れて光栄です。

                       

                       

                       

                       

                      内羽根のミッチェル。

                       

                      閂の赤のステッチがいいアクセントになったかなと。

                       

                      革はイタリアの牛革。

                       

                      シボがあって柔らかい革を使っています。

                       

                       

                       

                       

                      こちらもゼタールンド。

                       

                      赤茶一色に革底とヒールはこげ茶に染めています。

                       

                      足のサイズがとても小さく、ベースに使ったラストは20cmのものでした。

                       

                       

                       

                       

                      Munakata shoes

                       

                      今回はこげ茶でのご注文でした。

                       

                      市販のスニーカーと比べて、踵と土踏まずのフィット感は断然違います。

                       

                      オーダーなので当たり前ですが。

                       

                      布と革は色が選べます。

                       

                      お好きな組み合わせを見つけてもらいたいですね。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      Munakata sandal

                       

                      数年ぶりにサンダルを復活させました。

                       

                      以前作っていた形をよりシャープにし、帆布と革とで作ります。

                       

                      サンプルを履いてもらった上で、一番合うサイズに調整を加えて作っていきます。

                       

                      布の色、靴底の色が選べます。

                       

                      オプションになりますが、靴底の厚みと、帆布ではなく革で作ることも可能です。

                       

                      今年の夏はムナサンを履いてみるのもいいのではないでしょうか。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      黒の内羽根靴です。

                       

                      ピーターソンと2足ご注文だったので、今回はパターンオーダー用のラストをベースに作成しました。

                       

                      ミッチェルとは違い紳士靴らしさを出すために紐穴は5つ。

                       

                      ハカマやチップはピーターソンと同じにしました。

                       

                      ピーターソンの内羽根バージョンを意識して作っています。

                       

                       

                       

                       

                      4cmのパンプスです。

                       

                      濃紺の革を使っています。

                       

                      この方は足に軽いトラブルがある方なので、インソールで歩行調整が出来るように靴を仕上げています。

                       

                      個人的にはコロッとしたフォルムはとても好きです。

                       

                       

                       

                       

                      こちらも4cmのパンプス。

                       

                      上のパンプスに比べ履き口が浅く、靴も薄く作っています。

                       

                      インソールよりもラストで歩行を調整するように作っているからですね。

                       

                      シンプルな黒のパンプス。

                       

                      重宝する1足です。

                       

                       

                       

                      ふー。

                       

                      駆け足でしたが紹介を終わります。

                       

                       

                      それとスケジュールですが、

                      5月は毎週月曜日と4,5日。26日から31日が工房休みです。

                       

                      去年イベントに沢山出ていたので、このイベントシーズン、

                       

                      「蚤の市に出店されないのですか?」

                       

                      「門司港に来ることはありませんか?」とお問い合わせを頂いています。

                       

                      申し訳ないのですが、今のところ出店する予定はありません。

                       

                      今年は6月の筑紫野のR's cafeさんでの受注会しか決まっていません。

                       

                      秋に門司港のイベントは1回たいとは思っていますが。

                       

                      なるべくイベント出店はしないように考えています。

                       

                      福岡、北九州方面からですと宗像は遠いと思いますが、ドライブがてら工房にお越し頂けたら幸いです。